2006年 12月 18日
千ぶら(千林商店街)
f0074975_2324684.jpg学生時代から10年余りをすごした大阪旭区の千林商店街がなつかしくなり、久しぶりに行ってきました。

まずは、京阪千林駅出てすぐガード下のたこ焼きの「摂津屋」さん。山芋・こんにゃく入りで、ダシたっぷりのたこ焼きはソースなしでそのままいただくのが一番です。テレビにも何度か取材されてます。たこ焼きはココが一番。ちゃんと中で座って食べれるんです。もっと食べたいけど、他が入らなくなるので・・・

f0074975_2325486.jpg2軒目はクレープの「アンドレ」。ここの皮はパリパリなのにもちもちで、種類も豊富であふれんばかりの生クリームを入れてくれます。実はちょっと変り種の「ツナハンバーグ」がハンバーガーみたいで最高で、あるときはいつもこれです。

f0074975_23262919.jpg
f0074975_23252291.jpgいろいろ回ってなつかしい街もところどころ変わってるのに驚きました。そして最後に行ったのは、千林の甘味処といえばココといわれる「角屋」。土井、赤川にも店舗があるそうです。
老若男女誰もが笑顔になれる昭和の雰囲気満点のお店。

f0074975_23253580.jpg
f0074975_2326483.jpgいちごプリン・ソフトクリームなんていまどき驚きの110円。
行きつけだった八百屋さんのおばちゃんにも会えて、今日は千林を満喫してきました。
[PR]

by yonekura-clinic | 2006-12-18 00:01 | おすすめのお店


<< またまたトリトン(イタリアン)...      忘年会 >>